2008年08月20日

手取り月収20万円から始める輸入車生活 その1

格差の時代などと叫ばれて
年収200万割れもごく普通だとか。

年収200万といえば月収に直すと16万7千円チョイ欠け。
でも、私の場合、3年ほど前まで月額15万円で
家賃、水道光熱費、通信費、食費を
夫婦2人で賄えました。それも新宿区四谷で。
そのときのクルマは三菱リベロのフルタイム4WDでした。
リッター6kmが精一杯と燃費が悪かった上に
当時でも都心でしたからレギュラーガソリンが170円/L。
今現在の練馬区と同水準です。

よく、クルマが欲しいけどお金が無いなどと
相談を受けることがありますが
この生活水準で手取り月収が20万円もあれば
クルマを買うこと、維持することは充分に可能です。
基準はあくまでも都内環状8号線の外側の地域
もしくは都下の市町村ということになりますが。

実際、環状8号線の外側の練馬、板橋、杉並区辺り
家賃6万円で30平米程度のアパートで暮らせれば
独身でも夫婦でも快適でしょう。
そんな地域は駐車場代も1万円から2万円。

駐車場込みの地代家賃で8万円。
手取り月収20万円でも、まだ12万円残っています。
そこから電気ガス水道、インターネット、携帯電話で4万円、
我慢しない食費が5万円、交通費1万円を合計すると10万円。

ほら、2万円残りました。
って、うちの家計を暴露しているようですが。

月2万円でクルマが持てるか?
持てないと思う方は
多数いらっしゃるとは思いますが
はっきり言って買えます。
というか持ってますよ、私は。

クルマなんてお店で買わなくても
ネットオークションなどで安く手に入ります。
とりあえず20万円を用意できれば
普通に乗れるクルマ、それもドイツやフランス、イタリアの
ヨーロッパの輸入車が手に入ります。車検付きで。

今から貯金を始めて来年の6月頃に
VWゴルフ程度のクルマを買うための術を
これから徐々に書いていこうかなと思っています。

今回は第一弾。
まずは自分の収入の全貌を知ることから始めましょう。

今回のお話で、もしあなたがアルバイトや契約社員、派遣などで
手取り月収20万円の収入を得ていれば、かなり有益だと思います。

給与明細のうち、所得税の源泉徴収が
総支給額の何パーセントか
これを把握してください。
たいていは6%程度だと思いますが
もし10%に近ければ絶対に確定申告するべきです。
この確定申告もうまいこと赤字申告できれば
源泉徴収された税金は全部戻ってくる上に
住民税や国民年金の免除、国民健康保険の大幅な費用削減など
恩恵が大きいことも見逃せません。
この辺の諸々を含めて、確定申告だけで最大15万円程度は
購入資金に回せる計算が成り立ちます。
詳しくはここでとやかく言うよりも
確定申告に詳しいサイトをチェックしたり
書店などで確定申告のテクニック本などを購入してください。

確定申告の還付金は5月の連休直後に振り込まれます。

12月か1月に年末調整をしてくれる会社にお勤めの
正社員の方の場合は年末調整還付分を
購入資金の一部に充当しましょう。



ほら、購入資金は見えてきたでしょう。








 
posted by 北森 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

プライベートブランドも侮りがたし
GSX2003GBK ボラード

GSXという時計ブランドにはいささか懐疑的でした。
10年ほど前のブランド初期の頃のFOSSIL別注デジタルや
その後のキネティックを使ったオリジナルモデルの
なんかちょっと「パクリっぽくない?」というデザインのもの
そして最近の限定1個か2個の「富岳」ような
ラディカルな行き過ぎ感が漂うものなどの影響でしょうか。

実際、販売元でGSXのプロデューサー、ベスト販売の石田社長は
非常にラディカルな方であろうという印象があります。

ただ、そんなGSXというブランドの時計にも
「これはやられた」というものがありました。



GSX2003GBK ボラード
何がやられたって、永久カレンダーとスプリットセコンドクロノグラフ、
ミニッツリピーターなどという複雑機構が入っているムーブを
こんなケースに搭載してくるなんて。

このムーブ自体はシチズン製のクォーツOEMムーブで
クラシカルなケースに入れたものがシェルマンから出ています。

こういった複雑系の機構を持ったものなら
過去の意匠と複雑機構の歴史的成り立ちを背景に
どうしてもクラシカルなケースに入れたくなるものですが
ボラードは思いっきり金属の重量感を表現した
スポーツウォッチに仕上げてきた。
これはある意味、ロジェ・デュブイの
イージーダイバー トゥールビヨンと
同じ発想にあるのではないかと。

複雑系を遊び倒せというテーマがあるように思います。
ボラードの場合、クォーツですから複雑機構が入っていても
そうそう壊れませんでしょうし。

エッジの立ったケースの仕上げも
金属のカタマリ感がよく出ています。
ブレスレットも同様。

どちらかといえばラフに扱って
ケースは傷だらけにして使いたい。
それこそ、使い倒すという意味合いで、
エッジに深く切れ込んだ傷などが入ると
クラシックジッポーのような味が出てくると思います。

最近の時計はデカ厚だとか言いますが
妙に小洒落ていて傷が似合う時計が少ない中で
この時計の無骨さと中に入っている
クォーツといえど複雑系ムーブの
微妙なバランスはかなり魅力的です。

GSXの懐疑的な部分はいまだ拭えていませんが
この時計だけは疑うことなく人に勧めることが出来ます。







posted by 北森 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

無責任なペット飼育の末路

先日、埼玉県をクルマで走行中、TOKYO FMの入りが悪くなったので
NACK5にチューニングを変えた瞬間、
埼玉県広報のかなり耳慣れないコマーシャルが入ってきた。

「アライグマが大量発生しております。
屋根裏などに住み着いていたら市町村役場までご連絡を」

アライグマ?
あのラスカルですか?
練馬区でもタヌキは生息していますが
さすがにアライグマは見ないよなぁ。

そんな疑問を持ちながら埼玉県庁のサイトを見てみると
アライグマ関連の情報がかなりの数でアップされています。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A06/BX06/suishin/kikaku/dayori/11/P2.html
http://www.pref.saitama.lg.jp/A09/BD00/gairai/gairai.htm

以下PDFファイルなので若干ダウンロードが重いことがあります。

http://www.pref.saitama.lg.jp/A09/BD00/gairai/keikaku.pdf
http://www.pref.saitama.lg.jp/A06/BQ05/hitome/h18singijutu/32.pdf

まだまだかなり出てきます。

なんと練馬区のお隣、和光市や朝霞市も駆除計画地域に指定されています。
ということは練馬区にも流入の危険性が。

実際、アライグマはペットで飼育してもかなり躾が大変で
生後半年を経てまだ人に慣れていなければ
まず間違いなく人に慣れることはありません。
基本的に気性が荒い雑食性ですから
野生化するとかなり凶暴ではないかと思われます。

こういった外来種が野生化するきっかけは
ほぼ間違いなくペットを無責任に野に放つことです。
野に放っているのは自分一人
というような気になっているかもしれませんが
そんな自分勝手な一人一人が実はたくさんいて
それが埼玉県のような状態を生むのです。

放置ペットではカミツキガメなどが話題になることが多いですが
実は哺乳類のほうが行動範囲も繁殖力も強く
農作物や子供達への被害も膨らんでいるのです。

アライグマやカミツキガメに限らず、
もし飼いきれなくなったペットがいた場合は
多少残酷な気がするかもしれませんが保健所や動物愛護センターへ
引取りの相談に行かれることをお勧めします。
posted by 北森 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都高タンクローリー事故による行政の問題点。
(怒りと八つ当たりを含みます)

8月始めの首都高速5号線、中央環状線合流付近の
タンクローリー火災事故は皆さんの記憶にもまだ新しいと思います。

この事故の影響で、本日現在、5号線の一車線規制や
中央環状新宿線の普通など、未だ全線開通がなっておりません。

この事故の影響について各方面で
いろいろと議論されてはいるようですが
その多くは高速道路とその周辺の渋滞について
ということにとどまっているように思われます。

周辺道路の渋滞は確かに深刻で
私の住む練馬区大泉周辺は事故の直後より
関越道、外郭環状の二つの路線から
東名、中央道へ抜けるためのトラック類を中心とした
クルマであふれかえっています。

このあふれかえったクルマは環状8号線から次第に
渋滞を避けるために、住宅街の一般道まで侵蝕してくることは
自明の理でありますが、この侵蝕により今まで気がつかなかった
一般道の欠点が次々と明らかになってきています。

センターラインのある片側一車線の道路では
10t以上のトラックが入り込みますが
ガード下の高さ制限の注意標識が見づらいために
折り返しの出来ないところまで入り込み
30分以上も立ち往生すること然り。
到底曲がりきれない交差点やカーブでも
注意標識が無いために長時間の立ち往生はザラです。

踏切では渡りきれないクルマが遮断機に引っかかるなど
普段では目にすることの無い光景を目の当たりにしています。
さすがに、まだ踏切事故にまではなっていませんが
最近、踏切を通るたびに
「他県ナンバーがそのうちやるのではないか」と
気が気ではありません。

ただでさえ交通量が増えている上に、
都内では珍しいバス依存型の大泉周辺は、
はっきり言って徒歩以外のあらゆる交通手段での
時間の読みが立たない状態です。

これは、今後も首都高速やその他高速道路が麻痺した際には
再び訪れる恐怖であることは間違いありません。
そしてこれは練馬区だけの話でもありません。

道路を拡張するなど、予算と時間のかかることを
提案することは、この際いたしません。
しかし、道路の規制と注意標識は低予算で
すぐにでもできることではないでしょうか。

行政は、この事故を機会に地域の交通状況をしっかりと調査し
特に狭い道路への大型車の流入を規制する措置を
早急に取る必要がある、と考えます。
首都高速が完全復旧して「めでたし、めでたし」
というのでは地方税としての自動車税を納めている身として
憤慨せざるをおえません。

警察もシートベルトの取締りばかりするのではなく
迷い込んだクルマたちをスムーズに流すように
交通整理をするべきではないのでしょうか。

大体、シートベルト取締りに5人も固まっているくせに
交番はもぬけの殻だったりしますから。

普段、5分で行けるスーパーが今現在30分かかるのは
何とかして欲しい。というのは単なる愚痴ですが。
posted by 北森 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

ニコニコ動画「かーずラジオ」に出演

karz001.jpg

【ニコニコ動画】かーずラジオ〜夏子乗せ〜 第18盛りに出演しました。

痛車について語ったわけですが
なんか余計なことまでべらべらしゃべっていますねぇ。

視聴にはニコニコ動画に
メールアドレスとパスワードを登録する必要があります。
posted by 北森 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。