2008年10月15日

プジョー306を衝動買い

306003.jpg

プジョー306をヤフーオークションで衝動買いしてしまったので
名義変更をするために今年2度目の練馬陸運局へやってきました。
馴れたもので30分くらいで終了しました。
こういうところに慣れるというのは
安いクルマを買いすぎな証拠ですね。

初めてのフランス車ということもあり
かなり色々と心配しておりましたが
ちゃんとしたお店の業者出品でなおかつ
前オーナーが非常にしっかりと整備をされていたようで
かなり快調です。

私の買ったプジョー306は「スタイル」というベーシックグレード。
ですが、ベーシックだからこそ、ましてやマニュアルシフトの
かなり味の濃いクルマです。

クルマは道が育てる、とはよく言われることですが
プジョーもまさにこの言葉が当てはまる。
あのふわふわしたフランス独特の乗り心地は
石畳を走るためにあるのだろうということを
近所の商店街で実感しました。

以前乗っていたVWゴルフやオペルヴィータでは
突き上げが激しくて躊躇していた道ですが
306は、こともなげに走りきる。
かといってタイヤの接地感が無いわけではなく
すごくサスペンションが動いている感じで
商店街の石畳を走りぬくのですから驚きです。

そして普通の舗装路なら足回りとシートの組み合わせによる
かなり安楽な乗り心地にうっとりしています。

いやぁ、今回はいい買い物をしました。




posted by 北森 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。