2008年10月27日

これからはシンプル、ミニマル。グッチのパンテオン



最近、特に気になっている時計の一つに
グッチのパンテオンがあります。

エッヂの立ったケースにスムースなベゼル。
バーインデックスとロゴだけのシンプルな文字盤。
いや、この文字盤はシンプルを通り越して
ミニマルな領域にまで踏み入れていますね。

最近出たデジタルもそうですがグッチの新しいラインは
どれもミニマル方向に進んでいて非常に好感が持てます。
多くのブランドにある意匠に凝ったものは
もうお腹いっぱいな感じがあります。

クルマにしても新しいVWゴルフは先代からかなりそぎ落として
シンプルになっているようですが、アイコンがしっかりしているから
誰が見てもゴルフとわかる。

アイコンなどのブランディングさえしっかりとしていれば
これからの商品はそぎ落としていったほうが
好感がもたれるような気がします。
ただし装飾に頼らない分、素材の力と仕上げが前面に出てしまうので
かえって高い商品になってしまうかもしれません。
しかし、そういう力が強いほうが長く使える商品になると思うので
最終的には結構お買い得かもしれません。

本来、日本の工業製品のお得意の分野だったはずなのですが
最近はどうしてしまったのでしょうか?



posted by 北森 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。