2008年06月28日

ヴィータ、痛い走行会でサーキットデビュー!!

うちのヴィータがサーキットデビューを果たしました。
062802.jpg

場所は日光サーキットと言うショートコース。
Akiba Specというクラブが主催する走行会です。
062801.jpg

あれ?手前に何か写っているぞ?
と思った方はよほどのモータースポーツマニア。
そう、このクルマはN1スーパー耐久に参戦中の
「スゴウアスラーダ カルチャーショック DC5」。
なんと、この走行会のペースカー。
062800.jpg
なんと豪華なっ!!

そして当然の如く、チームのレースクイーンが。
062803.jpg
ホント豪華っ!!

こんな豪華な走行会、本当はある特殊なクルマたちのために行われました。
062804.jpg
そのクルマとは「痛車」。
クルマ好きのオタクの間で激しく流行中の、あれです。

昨年に出版した著作「痛車ろーど」が縁で知り合ったもので
今回、この走行会に誘っていただいたと言うわけです。


オタクがどうとか、「痛車」がどうとか言うよりも
ここに集まったのはかなりのクルマ好き。
その走りはもう、熱い熱い。
062808.jpg
このプジョー106なんか縁石に乗り上げまくりで
見ている他の参加者から喝采を浴びていました。

初級、中級、上級とクラス分けがされていたのですが
上級なんてレベルが違いすぎ。
ほとんど競技参加者ばかりで隔離クラスと言われていました。

062805.jpg
富士チャンピオンレースに出ていたロードスター。

062806.jpg
もてぎジョイ耐参加のインテグラ。

062807.jpg
群馬サイクルスポーツセンターの峠アタック出場のランエヴォ。

この人たち、熱すぎです。
攻めすぎてタイヤがリム抜けしても
次の走行時間にはタイヤ入れて走っている人なんかもいるし。

ドリフトタイムなんていうのもありましたが
そこにも熱い「痛車」が。
062809.jpg

062809.jpg

ドリフトの練習走行というものを初めて見たのですが
皆さん、なぜかバンパーを外している。
ブースト上げてるから熱対策か何かかと思ったら、そうではなく・・・
062812.jpg
よく落ちるんですね、コース外に。
逆にバンパーを外していたほうがダメージが少ないと言うことで。

でも、おしりから落ちるとこういうことに
062811.jpg


で、僕はどうだったかというと
つくばのドライビングレッスンのおかげで、かなり好調。
1.4のオートマ、タイヤ以外フルノーマルというヴィータでも
53.33秒のベストラップが出ました。
nikko.jpg
ただ、日光の最終コーナーはどうしても攻略できなかった。
あのシケインもどきはかなりの難関です。

次は、来月末のつくばコース1000。
ホームコースはどれだけのタイムが出せるのか。




posted by 北森 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。