2008年09月22日

引越しで粗大ゴミを出さない工夫

いよいよ来週の火曜日に迫った引越しです。
仕事から帰ってくると荷造りやなにやで休む暇がありません。

引越しと言えば、家具を新調したりするために
今ある家具を捨てなくてはならない状況が多々発生します。
ところがこの家具、いざ捨てるとなるとかなりの金額です。

例えばこのパソコンデスク。
pcdesk01.jpg

これを捨てるとなると練馬区の場合、粗大ゴミ300円券が5枚。
このほか、木製の棚やエレクタなどのスチールラックを捨てるので
粗大ゴミの概算が3万円にもなってしまいました。

これは無駄な出費です。

パソコンデスクなどスチールの骨組みと木製の天板で構成されています。
分解して捨てれば金属と木。木は燃えるゴミですね。
東京都のゴミルールとして、指定のゴミ袋に入っていれば
無料で回収してくれると言うのがありますから
この木製の板を指定のゴミ袋に入るくらいまで
細かくすればいい訳です。

そこで登場するのがこれ。
dennoko01.jpg

電動ノコギリ。

明日は幸い祝日です。
朝からこいつで捨てる家具を切り刻んで
水曜日に燃えるゴミとして出します。

残ったスチールの骨組みなど金属製品に関しては
廃金属回収業者、いわゆる「くず鉄屋さん」を呼んで
持って行ってもらいます。もちろん、回収費用はタダ。
量が多ければお金がもらえることもあります。
自分で持ち込めば今の相場だと1kgあたり35円。
机一つ分でタバコが買えますね。
posted by 北森 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他(クルマ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。