2009年12月21日

今年一番の傑作?JUNGHANS max bill Chronoscope

もうね、時計雑誌とか見まくってたら
これが欲しくて欲しくて仕方ないっていうのが出てきました。

JUNGHANS max bill Chronoscope

max bill

とくにバウハウス系デザインが好き
というわけではないのですが
このミニマム具合はたまりません。

ムーブメントもETA7750だし
カレンダーも付いているし
ベゼルは極細だし、黒文字盤だし。
ツボを突いてくるなぁ、ユンハンス。

このユンハンスのクロノスコープと
スウォッチの自動巻きクロノは
どちらも今年のベストウォッチだと言えます。
ベストスリーをあげろと言われれば
これにシーホープの山手線電光掲示板が入りますけどね。

話をクロノスコープに戻すと
ひとつだけ惜しいところがあるんです。
唯一にして最大の欠点。
それは、非防水。
これは僕にとっては致命的だなぁ。

ただ、ベルトをクロコの竹斑にしてやれば
ドレスウォッチとしても充分使えるほど
エレガントだと思います。
ボンベダイアルでそれに合わせて剣先を
微妙なカーブで仕上げてあるところなど
エレガントだけで言ったら
パテックのカラトラバWGとタメ張りますよ。

本当に欲しい。


posted by 北森 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。