2010年02月02日

高速道路の無料化が進展

MSN産経ニュースから

ようやく高速道路の無料化が進展したようです。
で、東京に近いところだと、どの辺が無料化になるのか?

東水戸道路:ひたちなか―水戸南
八王子バイパス:打越―相原
新湘南バイパス:藤沢―茅ケ崎海岸
西湘バイパス:西湘二宮―箱根口・石橋
箱根新道:山崎―箱根峠
中央道:大月JCT―須走
中部横断道:双葉JCT―増穂

なんだか高速道路といえないようなところばかりです。
湘南、箱根、富士方面を一気に無料化して
東名の渋滞を少なくしようという意図は見えますが
休日はこれらの道もだいぶ混みますから
意図の通りに運ぶかどうか。

ただし中央道から東富士五湖道路を無料化したのは評価できます。
この路線の一般道は自衛隊車両が頻繁に通るので
制限速度を大幅に下回ることが多かったのです。
沼津、御殿場、須走から山中湖、河口湖方面への平均速度の向上は
物流の面でも地域の活性化に役立つことになるでしょう。

多分、沼津から甲府への物流は
富士市、身延経由の30%引き程度の時間でしょうから
かなり効率的になると予想されます。

しかし、高速道路無料化は東名、名神を無料化しなければ
民主党のいう物流コスト削減という本当の意味を持ちません。
そして、この区間の物流コストを本当の意味で下げようというのなら
高速道路無料化よりも鉄道による貨物輸送が本命であると主張します。

鉄道もリニアモーターカーなんか作るよりも
東海道物流新幹線を早急に着手すべき。

今回の高速道路無料化も
なにかから国民の目をそらすための策に過ぎないような気がしますが。







posted by 北森 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。