2010年11月01日

無呼吸症候群の治療 その1

いびきがうるさい

と最近、家人に猛烈に文句を言われてたので
先週、近所の耳鼻咽喉科に相談に行くと

無呼吸症候群の疑いあり

と診断されてしまいました。

無呼吸症候群とは
睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。
主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。
(睡眠時無呼吸症候群サイトより引用)

耳鼻咽喉科の先生の話だと舌の筋肉の筋力低下と肥満による腹部圧迫で
呼吸のサイクルに以上が出るために起こりやすいとのこと。
つまりはデブ病です。ちなみに僕は173cm、97kgとかなりのデブ。

その耳鼻咽喉科では詳しい検査が出来ないということで
紹介状を書いていただき、本日、新宿の大久保病院へ
検査に行ってまいりました。

紹介していただいた耳鼻咽喉科のお話では
入院検査になるということだったのですが
実はそこに至るまでに事前の検査が山ほどある
ということにびっくり!

今日の検査は耳鼻咽喉科で
問診とレントゲン、血液検査が2種類。
レントゲンは後頭部からのX線照射で2枚。
血液検査は感染症検査とアレルギー検査。
感染症にはHIVまで含まれている。
身に覚えがないから安心してますけどね<HIV

今日の診察料は7856円なり。

まぁ、診察料自体は普通でしょうか。

明日は大久保病院の呼吸器科で
呼気と流量の検査だそうです。

朝9時に病院行くのはちょっと辛いなぁ。


posted by 北森 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他(クルマ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。