2008年05月12日

日の出町の竹の子堀

ゴールデンウィークはどこも混雑ばかりだろうと家に引篭もり
連休が明けた上になおかつ平日の今日
東京都下日の出町へ竹の子掘りに行ってきました。

竹の子掘りといえば普通は栽培されている
手入れの行き届いた竹やぶで行うものなのですが
今回はかなりマニアックに
杉林の中に混在する野生の竹やぶで
竹の子掘りを堪能しようと言うことで
こちらに伺いました。

tk001.jpg

日の出町の寺山竹園。
圏央道の日の出町出口からすぐの交差点を左折し、
突き当たりで右折すると、すぐにのぼりが立っているので
わかりやすい場所にあります。

ここの竹の子は市場に出回っているものと種類が違うらしく
食べごろは通常のものの2倍から3倍の大きさ。
皮が厚いので小さいものを剥くと食べるところがほとんど無い。
と言うわけで地表から20cmくらいのものを中心に
掘っていこうということに。

目安としてはこんな感じです。
tk002.jpg

しかし、これが掘り進むと下にかなり伸びていて
最終的にはこんな大きさに。
tk003.jpg
これで重さにして2kgほどあります。
これを掘り出すのに約1時間ほどかかってしまいました。

同行した妻はかなりがんばって見事に根っこまで掘り出しました。
tk004.jpg
これも約2kg。

今日の収穫は同じくらいの大きさのものをもう一本の合計3本。

ことしは5月に入ってから比較的気温が低いので
竹の子の成長が遅く、5月いっぱいは楽しめると言うことです。
ただし天然モノというか野生の竹の子を掘るのはかなりの重労働。
縦横無尽に張り巡らされた竹の根っこに加えて
杉の木の根と根の間から生えているものも多数なので
かなりの根気が必要です。

運動不足の方にはお勧めかもしれません。


posted by 北森 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。