2008年05月21日

初夏の築地

先週の竹の子掘りから続いた竹の子祭りも終盤に差し掛かり
いよいよ「竹の子ご飯を作ろう」ということになったのだが
これに合わせる「おかず」、
我が家では「ホタテフライ」と決まっている。
これが新緑の季節の定番なのだ。

せっかくのホタテフライだ。これはたくさん食べたい。
ということでホタテは築地に買いに行った。

tk052003.jpg
毎度のことなのであるが、やはり築地は安いのである。
この剥きホタテは1000円で500g入っている上に当然の如く刺身用だ。
フライにするにはこの剥きホタテが一番重宝する。
養殖のホタテは通年安定してあるのだが、
この季節は何故か非常に安い。

仲買さんで買い物をする場合、価格の表示が無いことが多いのだが
今回、このホタテを買った「やまふ水産」は
全品価格表示が明記なので初心者でも買いやすい。
品揃えは近海モノと養殖モノが中心。
tk052004.jpg

せっかく来たので他のモノも見て回った。
tk052001.jpg
さすがにこの時期の王者はカツオだろうか。
なんといっても価格が一気に下がる。
釣りモノでキロ900円。
写真のこれだと1尾1800円程度。夢のようだ。
ただ、これを買って行っても家で下ろせないのが辛い。
出刃と柳刃を買うべきだろうか。

tk052002.jpg
ノドグロはとてつもない高級魚であるが
築地であれば1尾あたり1000円程度で買えることになる。
純粋に焼き魚で食べようと思えば築地で買うのがいいだろう。
店で食ったら軽く2500はしてしまうので。

tk052005.jpg
このアオリイカが出回ればもう「夏」なのである。
ちょっとコリコリした身が夏を感じさせる
刺身で食ったら美味いイカの代表だ。

これだけ見て回っても、実のところ
ホタテのほかにはタコしか買っていない。
他のものを買ってしまうとキリがなくなるので
築地へ出向く際は決め打ちで行くべきである。




posted by 北森 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。